長野県茅野市マルイ産業:畳屋ブログ


★原村S様邸

国産こだわりランクのイ草に、可愛らしい桃色の縁を選んでいただき施工致しました!

明るい仕上がりに、喜んでいただけて光栄です 😳

天然表は焼けた後の色合いの変化も楽しめるので、

桃色縁との相性を楽しんでいただけたら嬉しいです♪

 


★茅野市C様邸

 

国産天然表としんせんの襖紙で、お部屋をリニューアルさせていただきました!

気分一新と、大変喜んでいただき嬉しい限りです 😳

有難うございました!!

 

 


茅野市 S様邸

襖張替え工事させて頂きました(*^_^*)

風景柄がお好きということで、新商品の紙をお勧めさせて頂きました!

雰囲気はそのままに、優しい印象でリニューアル☆

大変喜んで頂き職人冥利につきます>^_^<

この時期、お仕事を依頼してくださるお客様が居ることに感謝せずにはいれません。

S様、施工させて頂きありがとうございました(^^)


コロナウィルス感染・拡大防止!!

連日コロナウイルスのニュースが報道されております。

弊社といたしましてもお客様はもとより、社内感染防止のため消毒スプレーを準備いたしました!

手先の消毒はもちろん、人の手が多く触れる所や従業員の作業着にもしっかり消毒を行い対応しています。

コロナヴィルスの一日も早い終息を願わずにはいれません。

みなさまもお身体をご自愛ください。


茅野市 K様邸

畳の表替えを施工させて頂きました(*^^)

1階のコタツのあるお部屋は国産イ草、2階のお部屋は和紙表にて施工させていただきました。

以前より弊社をご利用してくださっているお得意様です<ありがとうございます!m(__)m>

 

「国産イ草はやはり色艶・香りがいい!」とご主人こだわりでお選びいただき、

和紙表は「新しい素材にも挑戦したい!」といことで今回施工をさせて頂きました。

イ草のお部屋は「とてもいい香りがする」とお喜びいただき、和紙のお部屋は「色も均一だし、この色が変色しないなんて楽しみ♪」とこちらも大変ご好評いただきました。

K様のように国産イ草本来の良さを熟知しつつ、次世代の畳素材に対してもチャレンジしてみよう!という心意気!

我々も今まで以上に国産天然イ草畳の良さを勉強するとともに、適材適所となる新しい畳素材の導入も随時進めていく必要があると改めて思うところでありました。

 

K様、この度は施工させていただき、ありがとうございました。


たたみの香り

毎日のように届く畳表

包みを開けた時の良い香り(*^_^*)

 

 

 

農家のみなさま

有難うございます<m(__)m>


冬の楽しみ(^^)/

畳表など荷物を梱包するのに使用されるPPバンド。

何かと重宝するよ!と毎年冬になるとバンドをお渡しさせて頂くお客様がいらっしゃいます(^^)

そのお客様!綺麗にバンドでカゴを編まれて毎年弊社まで届けてくださいます!!

「畑仕事が出来ない代わりに冬の楽しみだ(*^^)v」と。

頂いたカゴはイベントや社内にて大切に使わせてもらっております(^^)

カゴを毎年届けてくださるお気持ち、本当にうれしく思います!

 

技術があるか無いかでこのバンドがこんなにも用途が広がる事。

我々にはとても真似できません\(◎o◎)/!

職人として技術の大切さを改めて感じさせて頂くカゴです。

 

色々な思いが詰まったプレゼント!

今年も有り難く頂戴致しますm(__)m


襖の貼り替えをさせて頂きました(^^)

 

諏訪市H様邸

襖紙の雰囲気をガラリ!と変えるにはなかなか勇気がいることかもしれません^_^;

しかし!どうでしょう!!

お客様こだわりのお部屋にまた新たな魅力が引き出された気が します☆彡

お客様も大変喜んでくださり、うれしい限りです♪

 

弊社職人もイチオシのモダンブラックにて施工させていただき、有難うございました(^^)


インスタグラムはじめました!

 

弊社、インスタグラムを開設いたしました(^^)/

畳・建具のことはもちろん、いろいろ載せていく予定です!

もしよろしければフォローもお願い致します(*^_^*)


畳表産地熊本へ研修に行ってきました

畳屋をしていながら、イグサを見たり、作っているところを見たことはありましたが、実際にイグサ刈りなどしたことがありませんでした。
今回初めてイグサ農家さんのお宅に2泊3日研修で、イグサ刈り、泥染め、乾燥、保管作業をお手伝いさせていただきました。

平成29年 お世話になったイグサ農家の吉川さんとのツーショットです。
言った直後の写真です。

 

圃場で外周部分の一部のイグサを手で刈るところです。

 

刈り取ったイグサから短いものを抜き取る作業です。なかなかうまくいかなかったです。

 

刈り取ったイグサを持って

イグサ刈りしている圃場の様子です。
支えがないとイグサって倒れちゃうんです   (知らなかったwww)

 

イグサハーベスターに乗せてもらいました
(ですが、怖くて操作はできませんでした^^;)

 

ご主人・私・息子さん・お父さんと一緒に。   お父さん80超えてるのに元気

 

刈り取ったイグサを、10×10段積んで、泥染め等する自宅へ運んできました

 

刈り取ったイグサから圃場の泥等を落とすため、洗浄しています。

 

泥染めの機械に入れているところです。

 

泥染めの機械に入れているところです。

 

入れたイグサを泥染めするために、箱を起こしています。

 

泥染めのための泥水です。PHや濃度など細かく管理していました。  濃度の測り方って初めて見ました (秘密です)

 

泥染めした後、簡素させるためにしばらくなじませています。
この農家さんでは翌朝乾燥機に投入しました。

 




トップへ戻る